ぽっこりお腹!原因と解消法

ぽっこりお腹!原因と解消法とは?

若いときはそんなに目立たなかったのに、今になってぽっこり・・・あなたのお腹は大丈夫ですか?

 

加齢って嫌ですよね、でもそのぽっこりお腹の原因って、果たして本当に加齢だけですか?

 

今回はそんな、ぽっこりお腹の原因について、一緒に見ていきましょう。

 

ぽっこりお腹になってしまう!原因は?

お腹がぽっこり出てしまうのは、太っているからだ!もしかして、過去の暴飲暴食のせいだったりして?年齢のせいもあるし、これは仕方ないか・・・

 

なんて決め付けて、諦めていませんか?

 

ぽっこりお腹は、一概に太っているのが原因とは言えないんです。

 

例えば胃下垂の場合、食べたら胃がぽっこり出てしまうのですが、原因は胃が落ちてしまうから。それが、腹筋がないために、食後は外から見えるくらいぽっこりしてしまうんです。

 

ですから一概に、太っているからとは言えないんです。

 

でも腹筋をしたらいいのかというと、そうではないんです。確かに年齢による筋力の低下は、ぽっこりお腹の原因ではあるのですが・・・

 

ぽっこりお腹には3パターンあって、主に運動不足でなる皮下脂肪型、主にお酒の飲みすぎでなる内臓脂肪型、主に筋力の低下でなる内臓下垂型があります。

 

皮下脂肪は皮膚の下にある脂肪なので、腹筋や運動をすれば解消されますが、内臓脂肪は腹筋の内側に脂肪がついたり、内臓下垂はインナーマッスルが内臓を支えきれなくなって起こったりします。ですから、腹筋をしたって無関係。体重だけが増える結果になるんです。

 

内臓脂肪って落とすのが大変で、内臓脂肪用のお茶がたくさん出ていますね。内臓下垂も戻すのが大変です。だって内臓が骨盤辺りまで落ちているんですから。

 

それでは、ぽっこりお腹はいつまでも解消出来ないの?いいえ、そんなことはありませんよ。

 

ぽっこりお腹の解消法は!?

ぽっこりお腹には3つあって、それぞれの原因も書きました。

 

皮下脂肪型は運動するしかありません。内臓脂肪型は、お酒や高カロリーな食事をなるべく控えてください。内臓下垂型はインナーマッスルを鍛えるほかありません。

 

その全ての方に朗報があります。

 

お腹にもインナーマッスルはありまして、そちらを鍛えると全てのぽっこりお腹に効果があるんです!

 

インナーマッスルというのは、テレビでよくやっているのでご存知の方も多いかと思いますが、深層筋と表現されることもあるように、体の奥深くにある筋肉のことです。インナーマッスルという名前の筋肉があるわけではありません。

 

それを鍛えるわけですが、アウターマッスルという体の比較的外側にある筋肉も一緒に鍛えないと、あまり効果がないようなんですね。

 

インナーマッスルだけ鍛えても、表面に出る体に脂肪がついていたら・・・「あれ?本当に鍛えたのかな?」となりかねませんよ。

 

かといってアウターマッスルとインナーマッスルを短時間で鍛えるのはとても大変です。

 

そこで金剛筋シャツの出番です。

 

それぞれ短時間のトレーニングで済むので、ぽっこりお腹の解消に有効なんですよ。

 

おススメのトレーニングは、なんといっても腹式呼吸です!毎日寝ているときにしませんか?あの呼吸です。たかが呼吸と侮ってはいけません、お腹の奥が使われて、痛くなるんですよ。そこにさらに負荷が加わると、一体どうなるんでしょう?試してみてください。

 

>>金剛筋シャツの公式サイトはこちら

関連ページ

通勤時間で筋トレするとっておきの方法とは?
通勤時間で筋トレすることは可能です。通勤時間で筋トレする方法をご紹介。
代謝をあげるために必要な食べ物って何?
代謝をあげるために必要な食べ物はあるのでしょうか?代謝をあげるために必要な食べ物を取り上げます。
運動する時間がない人でもできるダイエットをご紹介
運動する時間がない人でもできるダイエットはコレ!運動する時間がない人でもダイエットはできるんです。
加圧トレーニングの効果は何か詳しく取り上げます
加圧トレーニングの効果は何でしょうか?加圧トレーニングの効果が気になっているならチェックしてください。
猫背が原因だった!ぽっこりお腹がなくならない理由
ぽっこりお腹は猫背が原因だったのか?